引越しを安く済ませる方法

引越しを安く済ませる方法

安く上げる引越し

過去に5回ほど引越しの経験がある私ですが、一度も引越し業者を頼んだことが有りません。
というのも、引っ越すタイミングが、いつも世間の引越しシーズン、つまり3月4月にかぶってしまい、引越し業者は混んでて中々予約できず、しかも高くつくのです。
従って、どうしても自力で引っ越さなくてはならず、自分でトラックを借りてきて、自分で家具や荷物、家電製品を運び出して、引っ越さなければならなかったのです。

トラックを借りるのも一苦労でした。レンタカーもこの時期はとても高いし、混んでいるのです。
ですから、一日で引越しが終わったことなど有りません。大概、借りていたアパートと、引越し先のアパートの家賃が数日かぶります。日割り計算して、その分を支払うのですが、仕方が有りません。かぶってようとなんだろうと、とにかく引越ししなければならないわけです。
引越し先が、海外だとか、新幹線で数時間、と言ったような遠方だったことがないので可能だった自力での引越しですが、それでも自分でやるのはかなり大変でした。
家電や家具などの重いものだけは初日に身内や友人を頼んで手伝ってもらい、他のこまごましたものは全部自分で数日かけて往復して運ぶのです。
レンタカー代、ガソリン代、そして家賃がかぶってる日割り計算分の支払い、そして、労働力、これらを全て考えて、引越し業者を頼むのとどちらが安いのかわかりません。
シーズンによっては業者の方が安くつくかもしれませんね。

 

クロネコ単身パック

すぐに終わった引っ越し作業

通勤時間を短縮しようと今まで住んでいた埼玉県富士見市から志木市に引っ越すことにしました。

 

お世辞にも広くてきれいでないアパートへの引っ越しですが電車通勤である以上急行が止まる駅はメリットでした。家賃も思った以上に高くない事から引っ越しするメリットは高いと思いました。

 

引っ越しシーズンとはかけ離れておりますが、土日しか休めない事もあり引っ越し料金はどこで調べても高めでした。しかし時間がフリーな所やお世辞にも大きくない所、軽自動車で運べるところなどは金額的に安いものでした。しかし軽自動車では運べるほど荷物が少ないわけではなく必要な家具家電は普通にあるため2トントラック以上は必要です。

 

相見積もりして業者を選べばもう少し安くできたかもしれませんが比較検討が面倒となりとりあえず有名なアート引越センターに依頼することにしました。あくまで物を運んでくれるだけの様な引っ越しでしたので料金は5万円でしたが相場的にも大きく離れていないのでそこに決めました。

 

荷物は少ないほうで用意するダンボールも多くありませんが家具や家電は一通りあるので以外と多く見積もりに来た人によると2トンロングだかワイドとか言われておりました。荷作りは自分の仕事なので仕事が終わった後部屋で黙々とダンボールに物を入れて行き、要らない物は出来るだけ処分することにして新居での良いスタートにするつもりでした。

 

引っ越し当日は2人ほどの若い作業員がテキパキと荷物を運び出し、家具や家電も軽々と運んでおりました。途中で休憩がてら缶コーヒーを渡そうと思っていたにもかかわらず、1時間ほどで荷物を運びいれてしまったので移動中にでも飲んでくださいと渡すことになりました。

 

移動も30分と短く荷物の運び入れも置き場所を指示しているとすぐに終わり書類にサインして颯爽と帰って行きました。あとは自分で荷ほどきですが思った以上に疲れが出てきて寝床だけを作り後は追々片づけて行こうと思いました。

トップへ戻る